普通のエンジニアが1年くらい発表し続けての備忘録

アドベントカレンダー企画があったので、軽く振り返ります。

発表してみたいと思ったキッカケ

初めて行った勉強会で見たLTに衝撃を受けたのがキッカケです。
『スゴい・・・!LTってこんなにスゴいんだ・・・!いつか私もココでLTしてみたい!』と思ったのがキッカケです。
この勉強会のLTが抜群に変態面白いコトは後々に気付きました。

初めての発表

憧れだった勉強会で行いました。もうガチガチの緊張しまくりですね。
どうなるかと思ったけど、皆様の優しさのおかげで、どーにか切り抜けた記憶があります。
発表したネタはコレです。

butackle.hatenablog.com

 その後

その後はチョコチョコと色々な勉強会にてLTさせていただきました。
『人見知りは発表した方が良い』みたいな意見を見るコトがありますが、まさにその通りで、色々な人に話しかけていただいたりするのは、本当にありがたかったです。

JSシェル芸の誕生

jus共催 第10回初心者向けなのかと百条委員会化する午前のシェル勉強会/第28回基準値を超えるシェル芸勉強会にて発表したJavascriptシェル芸が今までにない好評を得ることが出来ました。
特にヒルベルト曲線をJS1行で!」のネタは大好評で、この成功以降、他の勉強会でも『Javascriptシェル芸人』として色々なところでJS1行ネタを披露し始めます。

butackle.hatenablog.com butackle.hatenablog.com

JSシェル芸人としての活動を開始

この回以降、他の勉強会でもJSシェル芸を披露し始めます。
たまにドン引きされることもあるものの、他のWeb系の勉強会でも、ご好評をいただき、今では「JS1行の方ですよね?」と声をかけてもらうこともあったり、JSシェル芸人として大阪遠征をしたり、活動の幅(?)を広げることに成功しました。

 初めての登壇枠(パネルディスカッション付き)

Webフレームワーク品評会にて初めて登壇枠というかメインセッションとして発表しました。 LTの時とは違い、時間も長いので、気合いを入れて作りましたが、発表までの間はガチガチで、発表中も割と頭真っ白だったりしましたが、何とか発表できました。
逆に、終わった後のディスカッションは、そんな緊張しなかったです。

また、いつものLTはスライド公開しないことが多いのですが、これに関しては参考にして欲しかったのもあり、スライド公開し、サンプルコードもgithubにあげました。
講演スライド

今後の発表について

今後も引き続き、シェル芸勉強会をホームにしながら、チョコチョコ無理のない範囲で発表し続けられたらなと思います。